行政書士と司法書士

行政書士と司法書士の違いをご存知でしょうか?
名前を聞いたことがあっても具体的な仕事の違いを把握している人は少ないと思います。

というのもこれらの仕事は、それほど身近というわけでもなく、法律的な書類作成という共通点もあるので、違いがわかりにくいと感じてしまうのかも知れません。

その違いを一言で言えば、行政書士は総務省、司法書士は法務省が管轄しているということです。管轄が違えば当然仕事内容も変わってきます。

例えば、行政書士なら、飲食店の開業、建設業の営業許可など市町村に提出しなければならいない許認可の書類作成が中心です。

司法書士なら不動産や商業登記などの裁判所に提出しなければならない書類の作成になります。
なので、同じ種類作成だったとしても、取り扱える分野が異なっているのです。

分野によりさまざま

また、試験の難易度も異なります。
合格率で言えば、司法書士は毎年3%代ですが、行政書士は低いときなら2%代、高いときなら8%代です。

もちろん試験形式も受験者のレベルも問題も明らかに違います。
どちらの方が難しいかといえば、司法書士です。

簡単に言えばこのような違いがあるのです。
では、次にどちらを目指せばいいのかという事になります。

行政書士と司法書士の違いを知ろう

このサイトに訪れた皆さんは、行政書士と司法書士に何かしらの興味をもっていると思います。

試験を受験してどちらかの資格を取得したい、将来の参考のためにそれぞれの特徴を知っときたい、どちらの資格が稼げるのかなど、思いは人それぞれです。

その目的によって、一概にどちらの資格が良いかとは言えませんが、このサイトでは行政書士を推奨しています。
何故なら、行政書士は試験に合格しやすいうえ、稼げる可能性が高いからです。

そこでこのサイトは、両資格の仕事や年収、試験の難易度など、行政書士と司法書士の違いを出来るだけわかりやすく解説していきます。

そして、両方の資格の特徴を把握し、今後あなたがどうするか自分自身で判断して下さい。
もしかしたら、このサイトでは行政書士を推奨していても、中には司法書士を目指したいという方も出てくるかも知れません。

どちらにせよ、まずは行政書士と司法書士の違いをしっかりと理解してください。

foresight