司法書士試験は誰でも受験資格あり!

難関試験ですが、誰でも受験できます!

しかし、司法書士試験はかなりの難関試験です。

そのため、何か受験資格があるのではないかと思っている人も多いのですが、実は誰でも受験できます。

いったいどんな試験なのか、まとめてチェックしておきましょう。
行政書士試験とも比較してみてくださいね。

合格率はだいたい3%くらいと、超がつくほどの難関試験なのでしっかりと準備して挑戦しましょう。

司法書士試験の概要

・試験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

・試験日
司法書士試験は筆記と口述の2段階で、筆記試験に合格した受験生のみが口述試験を受けられます。

筆記試験 毎年7月の第1日曜日
口述試験 毎年10月

詳細は法務省のホームページで確認できます↓↓

法務省のホームページはこちら

試験の科目及び方法

(1)筆記試験

①試験の科目
1.憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野に関する法令を含む。)
及び刑法に関する知識
2.不動産登記及び商業(法人)登記に関する知識
(登記申請書の作成に関するものを含む。)
3.供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全に関する知識
4.その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

②試験の方法
1,3,4(午前の部と言います)は多肢択一式、
2(午後の部と言います)は多肢択一及び記述式により実施されます。

(2)口述試験

① 試験の科目
不動産登記法、商業登記法、司法書士法(司法書士の業務を行うに必要な一般知識)

② 試験の方法
試験官に口述で回答を求められます。

合格基準

(1)記述試験

平成30年度の筆記試験合格点は満点280点中212.5点でした。
司法書士試験は、多肢択一式の基準点をクリアできないと不合格になる、という扱いがされています。

ちなみに、平成30年度の基準点は、

午前の部 満点105点中78点
午後の部 満点105点中72点
記述問題 満点70点中37点

となっています。

○点とれば必ず合格、というものではなく、試験実施の年ごとに基準点も合格点も変わります。
その点が、行政書士試験と大きく違いますね。

(2)口述試験

口述試験の合格基準は未公表ですが、口述試験で不合格となることはほとんどないと言われています。

foresight