専門性が強い司法書士

司法書士は、法務省が管轄する仕事であるので、より専門的な法律の知識を使って、仕事をすることになります。

仕事内容は以下の3点に分類されます。

  1. 不動産・商業登記
  2. 裁判所・法務局に提出する種類作成
  3. 一定範囲の裁判業務

仕事内容の特徴

不動産・商業登記
家を買ったり、土地を買ったり、新会社を設立する際は、必ず登記しなければなりません。

登記とは、法律に基づいて、財産や事柄を一般に公示することで、権利の保護や取引の安全のために行うことです。

不動産登記で言えば、この建物や土地は誰のものでそれはいつからか、誰から誰に所有権が移ったのかなどあります。
商業登記は、会社名、代表社名、株主、本店の所在地などを明記します。

これらの登記に関する書類を司法書士が作成して、法務局に提出するのです。

裁判所・法務局に提出する種類作成
破産申立書や民事再生申立書の作成、祖父母に成年後見などの公的に必要になる種類作成を行います。

一定範囲の裁判業務
最後の3ですが、司法書士は弁護士と同様に140万以下の簡易裁判所事件では代理権が与えられています。
例えば、知人に貸したお金を返してもらえない、売買代金を払ってもらえない、自己破産などです。

行政書士よりも社会的地位が高い司法書士

そうしたことを司法書士が代理人となって、相手方と交渉したり、裁判をおこなったりするのです。

ただし、この場合は、一定の研修を受け法務大臣から認可された司法書士でなくてはいけないので、資格を取得すれば出来るというわけではありません。
司法書士はこのような仕事を行っています。

ですので、行政書士よりも法律の専門性が強く、社会的地位も高くなります。
しかし、仕事内容をみてわかるように専門性が強い反面、仕事の需要がどうしても限られます。

行政書士なら、通常の生活の中でも、仕事の需要が転がっていますが、司法書士の仕事は特殊な例です。

そんな中で仕事の依頼を取っていくには、事務所のある地域に司法書士として認知されていなくてはいけませんし、そのためには時間とある程度のお金がかかります。

また知り合いの伝をたどって仕事をもらうにしても、お金のトラブルを抱えている人を紹介してくれとは、中々いえません。
ですから、信用されやすい資格ではありますが、仕事を取っていく苦労もあります。

もちろんそれは行政書士にもいえることですが、司法書士はもっと大変だと言えます。

foresight