定年に縛られない行政書士!

行政書士は、定年に縛られない仕事です。

行政書士として仕事をするのであれば、定年はしてありません。
行政書士の資格を取って、求人を探して企業の法務部等に就職するのであれば別です。

会社員をはじめとして、どこかの組織に勤務している人たちが行政書士試験を受けようとする例も増えています。

「定年までの保障」が期待しがたい今のような時代には、行政書士で開業することは本当に有意義なことです。

行政書士になって仕事を安定させることができれば、何歳になっても、同世代が定年を迎える年頃になっても変わらず働いていけます。

最近は、不景気のためにリストラが続発する時代です。
会社員として長年勤務していても、いつ辞めさせられたり、あるいは勤務先が倒産したりするかわからない時代です。

また、定年まで勤務することは何とかできても、いつまでも待遇がよくならない、あるいは「不況のあおりで待遇が悪化してしまう」なんてことも珍しくない時代です。

そのためでしょうが、もう若くなくても脱サラを計画する人や、学生の時分から資格取得や独立開業を計画する人も普通に見られます。
そして、行政書士はそれらの目的にはぴったりと合いますね。

行政書士は、もともと独立向きの資格

行政書士は、事務所を開いたらいつまでも続けられます。

最近は60歳という従来の定年年齢を超えても、長い余生を元気に過ごしたい、働きたいという希望を持つ人が多いですが、定年という制度に縛られない行政書士の資格は、特にふさわしいものといえます。

他の資格と比べて、難しすぎない

独立して働けるという意味では、弁護士や会計士等でも同じでしょう。
しかし、これらの資格ともなると、普通の人には難しすぎて手が届かないですね。

仕事を失ったときに頼りがいがある

定年までに行政書士に受かっておくと、何かあったときの保険にもなりますね。
つまり、勤務先を失ったようなときにの場合に。

行政書士は、終身雇用制が崩れてきて定年まで、あるいは定年後の身の安全をはかりにくくなっている今の日本では、身を守るためにとても役に立つ資格でもあるのです。