「出るところだけを効率良く」が対策のカギ

行政書士試験や司法書士試験の対策本をご覧になったことのある方であれば、それぞれの試験範囲がいかに膨大で、しかも出題されているレベルとしてもかなり高度であることはお分かりになっていることと思います。

しかしながら、受験勉強をスタートさせる前の方、もしくは勉強を始めたばかりの方というのはやる気に満ち溢れていますから、

「絶対にすべてマスターするぞ」
「しっかり時間をかければすべてを理解することは可能だろう」

と、どうも完璧主義を目指したがる傾向にあるようです。

その結果、何度学習してもなかなか覚えられない、疑問が多すぎて勉強が前に進まない、と対策は頓挫。そのまま行政書士試験や司法書士試験の本試験に挑むことなく挫折してしまう受験生というのは、決して少なくありません。

完璧にやらないこと!

行政書士試験と司法書士試験、いずれの対策についても共通して言えることは「完璧にやろうと思わないこと」、この一言に尽きると思います。

そもそも、「すべて完璧に」はこれらの試験対策においては不可能。専門家であっても、試験範囲すべてを完璧に網羅しているケースは少ないでしょう。
それではどのように対策を進めていけば良いのかといえば、「出題傾向に基づいた学習を実践する」ことです。

行政書士や司法書士に限らず、どんな資格試験にも必ず「出題傾向」があります。

毎年必ず狙われる分野、そしてその年の流れから狙われるであろうポイントといった、傾向に沿った学習を進めることが合格への一番の近道であると言えます。

こうした傾向を読み解く上では、どうしても素人学習では限界があります。

そこは通学なり通信なりの試験対策予備校を活用するのが得策。

過去の出題をしっかり研究した上で、その傾向に沿った教材内容やカリキュラムが提供されるはずですから、利用しない手はありませんね。

加えて、「細かい知識に関してはあまり深追いしないこと」も、心構えとしては大切です。

資格試験ではあくまで合格点をクリアできれば良いのですから、すべて完璧に覚える必要はありません。
多くの試験において、傾向をおさえるだけで合格ラインには達せるようになっているものです。

効率良く合格を目指すなら、狙われるポイントのみに注目。
あまり意気込まず、「合格ラインをクリアできればOK」と割り切って、出るポイントだけを確実におさえるようにしましょう。

foresight