行政書士試験と司法書士試験の受験資格

行政書士試験には、受験資格はありません
そして、司法書士試験にも、受験資格はありません。

要するに誰でも受けることができます。

年齢、性別、学歴、職歴、国籍、そうしたことは、一切問われません。

受験手数料を支払って、受験申込書を提出して、指定された試験会場に行けば、どんな人でも受験できます。

だから、受験会場には、色々な人がいます。

バリバリに受験勉強をして、満点狙いで試験に臨む人もいれば、全く勉強していないけど「とりあえず試験だけ来てみただけ」な人もいます。

そして、後者の「とりあえず試験に来てみた」部類の人が、結構な割合を占めると言われているのです。

行政書士試験も司法書士試験も合格率が低い試験ですが、その合格率を更に引き下げているのは、こうした人達の存在なのかもしれません。

行政書士試験の合格率

行政書士試験の合格率は、その年度によって、若干開きがあります。
ここ5年間の合格率は、下記のとおり10%台です。

・令和元年 11.5%
・平成30年 12.7%
・平成29年 15.7%
・平成28年 10.0%
・平成27年 13.1%

司法書士試験の合格率

一方、司法書士試験の合格率は、年度による開きはあまりない、というより、ほぼ同じパーセンテージです。

・令和元年 4.4%
・平成30年 4.3%
・平成29年 4.1%
・平成28年 3.9%
・平成27年 3.9%

2つの試験の違い

合格率が変動する行政書士試験と、毎年ほぼ同じ合格率である司法書士試験。
この違いは、合格不合格を判定する方式の違いからくるものです。

行政書士試験は「××点以上の人が合格」という方式だが、司法書士試験の方は、「上位××人が合格」という方式なのです。

だから行政書士試験は、たまたまその年の試験問題が難しくて、合格点数を取れた人が少なければ合格率が低くなります。

しかし、司法書士試験の方は、たとえその年の問題が難しくても、点数上位の人から合格にしていくので、問題の難易度は合格率に連動しない、というわけです。


foresight