行政書士と司法書士の平均年収の真実

ここでは、職業で一番気になる年収について、お話をしていきます。
はじめにお伝えしときたいのは、あくまでも年収についてです。

つまり年間で個人がどのくらいもらえるかという額です。

司法書士の年収

司法書士の年収をインターネットで調べると1700万円という数字を目にしますが、あれは年収ではなく報酬だという事です。
そこから、様々な経費が惹かれれば、手元に残るのは微々たるものです。

世の中の資格で平均年収が1000千万円を超える可能性のあるものは、ほとんどないのが実態です。
インターネットの信憑性のない情報に惑わされてはいけません、そこを理解して読み進めて下さい。

では行政書士と司法書士に年収についてですが、はじめに答えを言うと、これらの各平均年収の正式な額は調査されたことがありません。

ですから、わからないというのが実態です。
しかし、各メディアが独自に調査した結果からある程度、予測をつけることが可能です。

予測から見た年収

行政書士も司法書士もせいぜい600万円くらいだと思います。

現在は不景気ですので、実質はもっと低いと思ったほうが妥当かもしれません。
ここで重要なのは600万円という額よりもその中身です。

司法書士の場合は、独立開業と事務所に勤務するケースがあります。
独立した場合だと、年収1千万円を超えている人もいますが、数はそれほど多くないと思います。

何故なら、このサイト何度も話しているように競合が多い上、仕事の幅が狭いからです。

その上、今はどんどん電子化が進んでいて、以前までは司法書士に頼まざるを得なかったのが、今ではインターネットを使って個人でも出来るようになりました。
そうなってくると勤務している司法書士の収入も当然低くなります。

その実態は、20万~30万円といったところです。
これは実際に求人を見てもらえればわかります。(求人の給料は多めにかかれて実際の手取りは低くなる)

司法書士はサラリーマン以下?

勤務している司法書士は普通のサラリーマンと同等かあるいはそれ以下だという事です。

では行政書士の場合を考えてみると平均600万円の中で、上下の開きがかなり激しいのが特徴です。
理由は、ほぼ独立開業して仕事をするので、稼げる人とそうでない人の差が出てしまうからです。

3000万円稼いでいる人もいれば、300万円の人だっています。

ですが、それでも平均600万円くらいになるということは、上位の人達がかなり稼いでいるということです。
実際に、2000万~3000万クラスが多く、6000千万稼いでいる人がいると聞いたことがあります。

また行政書士の年収を調べる場合は、全ての人が専業で仕事をしているわけではありません。

中には、たまに知り合いから頼まれた仕事をしているだけの人や、他の仕事の傍らでやっている人もいます。

なので、行政書士一本だけで仕事している人の額を調べれば、平均年収は上がるはずです。
しかも行政書士で成功している人は表に出てこないので、実際はこっそりと稼いでいる人が多いのです。

このようことが行政書士と司法書士の年収の実態です。