行政書士と宅建

この2種類の資格に注目する人がいるとしたら、今がまさにベストのタイミングです。

行政書士と宅建(宅地建物取引士)は、どちらも今まさに目指して損がない資格、それもできるだけ早く取得したほうがいい資格です。

わかりやすく例を出すなら、行政書士は会社設立に車庫証明、相続・遺言から風俗営業許可……と、非常に多数の業務をすることができます。

しかも、ひとつの依頼ごとに報酬を20万円単位で受けることもまったく珍しくない資格です。

宅建はといえば、法律で、不動産売買を営む業者が、従業員に『5人に1人』以上は必ず雇うという義務を課せられていて、何歳になっても、たとえブランクがあっても、平然と雇ってもらえるチャンスがあるとして有名な資格です。

できれば、この波に乗り遅れないで、行政書士または宅建の資格を入手して、プロとしてすべての希望者たちに早く活躍しはじめてほしいと思うくらいです。

行政書士と宅建は合格できるの?

ところで、その行政書士と宅建はどちらも、素人でも試験を1回受けるだけで合格できる資格です。

しかし、「どちらをとったほうがいいんだろう?」「どちらもとれるかな?」 なんて疑問を持たれることが多いようです。

行政書士と宅建は、違う職種の仕事だというイメージも強いです。

しかし、同じように法律を活用して働く職業ですし、ふたつをあらゆる角度から比較して考察することはとても意義深いことだと考えます。

行政書士や宅建に興味を感じている人たちは、各ページをよく読んでこれからの資格取得に使ってください。

場合によっては行政書士と宅建をダブルでとってしまうことだってできますね。

実際に、行政書士と宅建両方に受かって、両方の資格を活かして華々しいキャリアを満喫している例もよく見られます。