独学では合格はできない?

このページでは何故独学とだと合格が難しくなるのか、そのことについて説明して参ります。

まず独学の合格が難しいのは以下の理由が考えられます。

1、テキストだけで勉強しなければならない
2、各科目や学習のポイントがわからない

他にも色々ありますが、この2つに絞って説明していきます。
まず1についてですが、法律というのは理解するが大変です。

ですので、皆さんはわかりやすいテキストを購入することになります。
わかりやすいテキストというのは表現を噛み砕いて説明しなければならないため、簡単な言葉を見つけて書かれています。

しかし、実際の試験問題では、難しい表現で問われてしまうので、簡単な表現で覚えてしまえば、本試験に対応できなくなるのです。

かといっても、難しいテキストを使ってしまうと内容を理解できず挫折してしまいます。
そもそもテキストだけで、全て理解すること自体に無理があるのです。

個々の読解力は異なりますし、合格の情報を全て詰め込んでいるテキスト自体ほとんどありません。

講義を視聴すると理解が早くなる

ではどうすれば良いのか?
それは、講義を視聴することです。

講義を聞ければ、難しい表現の解説をしっかりとしてくれて、理解が早まります。

その結果、勉強がわかることで楽しくなり、自分から積極的に勉強していけるようになるのです。
次の2ですが、効率良く勉強していくためにはとても重要なことです。

各科目には、それぞれ、試験に出題されるポイントや勉強法が存在します。

そこを知るためには、長年試験問題を分析してきたプロの力が必要となります。
簡単に言えば、試験に出題されそうなポイントだけの勉強をするということです。

そうすれば、勉強時間が大幅に短縮され、無駄なことを覚える必要がなくなるので、試験の出題ポイントだけを重点的に学習でき、合格の可能性を高めることができるのです。

これが独学なら、そんなことは知る由もないので、無駄な勉強が多くなり、結果的に全て覚えられず、挫折してしまうか、不合格になってしまうかになります。

これが独学で合格するのが難しい理由です。