行政書士になって行う業務

行政書士試験に合格して、「やった!さあ開業するぞ!」と思っていらっしゃる皆様。
まずは、おめでとうございます。

さて、あなたは、行政書士事務所でどんな仕事をしますか?
行政書士事務所を開業するとき、大きく分けて以下2つの方法があります。

・「専門分野を特に絞らず、行政書士業務全般を仕事にする方法」
・「何らかの専門分野に絞って、それだけに特化して仕事をする方法」

もちろんどちらも、メリットとデメリットがあります。

メリットとデメリット

前者の、行政書士業務全般を仕事にする方法は、行政書士事務所の看板や名刺に、「会社設立、許認可手続、入管手続、相続手続、車庫証明、会計記帳・・・」と、一般的な行政書士業務を連ね、多くの見込み客を対象に、幅広く営業をするものです。

この方法のメリットは、見込み客の数が多く、誰に対してでも営業が可能であるということです。

会社設立や許認可手続きというものは、相手が事業経営者でなければ顧客にはなりませんが、相続手続きや車庫証明は、誰もが顧客になりえます。
極端な話、会う人ごとに、何らかの営業ができることになります。

地方の小都市などで、行政書士数が少ない地域であれば、この方法をとるのがよいかもしれません。

立地のよい駅前や役所の近くなどで開業し、堅実に仕事をしていくことで良い評判ができれば、バランスよく色々な業務が入ってくることも十分考えられます。

そうすれば、様々な仕事をこなし、多方面の知識を持つ、いわゆる「街の法律家」という行政書士本来の姿が実現できることになります。

しかし、この方法には、デメリットもあります。
手広く仕事をするということは、専門性の薄さに繋がることが多いのです。

この方法で開業する場合は、都市部の行政書士数が多い地域では、顧客がとれない可能性がかなり高くあります。

都市部では、人口も会社数も多く、それに比例して行政書士業務数も多いものです。

しかし、こうしたところでは既に開業している行政書士数も多く飽和状態になっているケースが多いため、何の特色もない新規の業者が参入しにくいのです。