女性が稼げる年収は?

行政書士になろうかどうか考える女性がよく気にすることに、年収があるでしょう。

自由業の行政書士は年収が安定している仕事ではないですが、高い年収を稼ぐチャンスも与えられる資格です。

受ける前から、どうやったら年収を増やせそうかはイメージしておきたいもの。
そのヒントをここで出したいと思います。

年収を上げる方法

行政書士の試験に合格して、登録の手続きを完了させたら、晴れて行政書士と名乗ることができます。
登録の手続きでは、地域によって変わりますが、全部で25万円~30万円くらいかかると思ってください。

これはほとんどの女性にとっては少し痛い出費でしょうか。
できるだけ早く回収したいところですが、さて肝心の行政書士の年収はどうすれば上がるでしょうか?

行政書士の年収を率直に書きますと、他の職業や他の資格と比べてそんなにいいわけではありません。
ときどきいろいろな場所で調査されているようですが、500万円前後になることもよくあります。

このように書くと、一気に行政書士になる意欲が醒めてしまいそうですが、「活躍している行政書士」の平均年収だったらもっとだいぶ金額が上がるはずです。

おそらく600~700万円くらいにはなるのではないかと思いますが、ここにはちょっとした数字のからくりがあります。

行政書士として働いていない人が意外と多い

行政書士は、合格や登録をしても、行政書士としてほとんど働いていない人たちが実は結構います。

その原因はさまざまですが、一国一城の主となる仕事である以上、うまく仕事をとれなくて事実上引退状態になる例や零細経営になる例はけっこうあるわけです。

そういった例も含めると自然と平均的な年収は下がってしまいます。
それに、特に女性や高齢者の場合は、わざとフル活動していない例があります。

他の収入に頼って生活できるために、最初からパート感覚や副業感覚で活動している例もあります。
この場合は最初から、高い年収を稼ごうとしていないわけです。

フルタイムで行政書士事務所をやっている人たちだけに絞ると、最初の1~2年は年収が300万円以下だったという話はよくあります。

しかし、数年かけて年収を500万円台かそれ以上に乗せたというコースが多いようです。

こういった成功コースに乗れた人たちの場合に絞れば、平均年収が700万円を超えていたり、上のほうに目をやると1000万円に届いていたり、という例が出てくるのも当然のことでしょう。

肝心なのは最初の数年!

行政書士として年収の点で満足できるようになるには、最初の数年が特に大事なわけです。

そのためには、合格してから考えはじめるよりも、その前からできるだけ合格後にどうするかをイメージしておくほうがいいでしょう。

foresight