行政書士と司法書士の難易度!

行政書士と司法書士の難易度を検証していきます。 まず合格率ですが以下のようになります。

行政書士合格率 司法書士合格率
平成16年 5.33%
平成17年 2.62%
平成18年 4.79%
平成19年 8.64%
平成20年 6.47%
平成21年 9.05%
平成22年 6.60%
平成23年 8.05%
平成24年 9.19%
平成25年 10.10%
平成26年 8.27%
平成27年 13.12%
平成16年 2.9%
平成17年 2.8%
平成18年 2.9%
平成19年 2.8%
平成20年 2.8%
平成21年 2.8%
平成22年 2.8%
平成23年 2.8%
平成24年 2.8%
平成25年 2.9%
平成26年 3.1%
平成27年 3.3%

行政書士と司法試験の合格率を比べて、ほぼ変わらない年もあります。
例えば平成17年度は、合格率では行政書士の方が低くなっています。

しかし、試験の難易度は明らかに司法書士の方が高く、まったく別次元の試験です。
司法書士は、旧司法試験並みのレベルで、受験者も司法試験組みや一流大学の法学部卒が集まり、 それでも中々合格できません。

仮に何の法律的な知識のない方が必死で勉強しても5年で合格できるかわかりません。
というよりも合格できない人のほうが遥かに多いのです。
行政書士を推奨している理由は、この難易度にもあります。

一方、行政書士の合格率は低いのですが、その分受験者のレベルも低くなっています。
試験の攻略法を学び、しっかりと学習時間を確保することができれば、1年で十分に合格できる試験です。

ただし、独学ではそう簡単にいきません。
あくまでも、講義を聞きながら、良い教材を使い、効率的に学習できればの話です。

合格しやすいといっても、それは司法書士と比べてですし、合格率も毎年一ケタ台です。
簡単には合格させてくれません。

市販されているテキストを購入して、独学で合格しようと思えば、短期間ではまず無理です。
特に法律的知識がない方なら、なお更です。

今回紹介している行政書士と司法書士は法律の資格です。
司法書士は、別格に難しいのですが、行政書士も難易度が高い試験です。
学習時間で言えば、最低でも800時間は必要です。

どちらの試験に挑戦するにしても、本腰を入れて学習しなければ合格できないと認識して下さい。

このサイトでは、この先のページで合格に必要なポイントを紹介しています。
本気で合格したいと思えば、そちらも参考にして下さい。

>>士業の仕事とは? 特集インタビューページ(提供:フォーサイト)

通信専門講座紹介

フォーサイト
講座概要一覧

●講義:DVD、CD講義、電子黒板、ハイビジョン撮影、専用スタジオ
●テキスト:フルカラー、図表、B5サイズ、合格点主義
●サポート:携帯・パソコン学習システム、質問受付、確認テスト、合格グッズなど
●受講料:32,550円~

※司法書士講座なし
ユーキャン
講座概要一覧

●講義:なし
●テキスト:2色刷り、図表、A4サイズ、合格点主義
●サポート::質問受付、添削指導、学びオンラインなど
●受講料:63,000円のみ