行政書士の仕事の特徴は取り扱える分野が広いこと。

行政書士の仕事の特徴は、何と言っても取り扱える書類が多いので、幅広い分野の顧客を確保できるという点です。 その数は1万種類以上あると言われています。

では、具体的に説明していきます。 行政書士の仕事は、TOPページでお伝えしたように都道府県や市町村、警察署などの 官公署に許認可が必要な書類作成と代理提出を行います。

例えば、会社設立の書類(設立登記は司法書士)、建設業の許認可、飲食店や喫茶店などの開業、各種契約書、著作権の保護、遺言書の作成、内容証明などがあります。
あげればきりがないので、代表的なものだけピックアップしましたが、 その数の多さ行政書士の魅力の一つでもあるのです。

通常の仕事というのは、これだけ物が溢れている時代なので、そこには必ず競合がひしめき合っています。 その結果、競争が激化し、価格勝負になり、資本力のない会社は勝っていけません。

一方、行政書士は1万種類以上の書類が取り扱えるという事は、それだけ仕事の需要があることになります。

行政書士登録者は、約3万9千人いると言われ、一人1つの書類作成をしたとしても、 1分野に約4人しかいない計算になります。
その上、行政書士登録者の全てが専業で仕事をしているわけでなく、地域性のある仕事ですから、未開拓の分野が山ほどあるはずです。
まあ、実際は全ての書類に仕事の需要があるとは言い切れないのですが、 それだとしても、この数は仕事をする上で非常に有利になります。

また、行政書士の書類作成は、行政書士が監督していれば、補助者でもできるので、 多くの数をこなすことも可能になります。
つまり、多く稼ぎ出すことが出来るのです。

このように行政書士は仕事をして、稼ぐという意味では大変魅力的だといえます。

もちろん人それぞれ仕事に対しての目的が異なり、稼ぐことが全てとは言いませんが、 仕事をする上で、収入は大事な要素になります。
収入という基礎があって、はじめて仕事のやりがいや達成感が感じられるのだと思います。
そして、それを満たしてくれる可能性の高い行政書士はオススメできる資格です。

>>士業の仕事とは? 特集インタビューページ(提供:フォーサイト)

通信専門講座紹介

フォーサイト
講座概要一覧

●講義:DVD、CD講義、電子黒板、ハイビジョン撮影、専用スタジオ
●テキスト:フルカラー、図表、B5サイズ、合格点主義
●サポート:携帯・パソコン学習システム、質問受付、確認テスト、合格グッズなど
●受講料:32,550円~

※司法書士講座なし
ユーキャン
講座概要一覧

●講義:なし
●テキスト:2色刷り、図表、A4サイズ、合格点主義
●サポート::質問受付、添削指導、学びオンラインなど
●受講料:63,000円のみ